MQTTサーバーを実装しながらGoを学ぶ - その12 Contextを使ったgoroutineの停止

前回、別goroutineで発生したエラーハンドリングをしました。具体的にはサブスクライバへの書き込みでエラーが発生した場合にサブスクリプションの削除処理するようにしました。今回は、 context.Context を使ってgoroutineを停止することで、クライアントが…

MQTTサーバーを実装しながらGoを学ぶ - その11 goroutineのエラーハンドリング, map, goroutineセーフ

前回の続き。別のgoroutineで発生したエラーをerror channelを使ってハンドリングしてみたいと思います。ハンドリングの処理でmapを使ったのですが、goroutineセーフにするため sync.Map を使ってみました。 目次。 handleSub でエラー 別goroutineを受け取…

MQTTサーバーを実装しながらGoを学ぶ - その10 type, "chan<-"と"<-chan"

前回、goroutine, channel, selectを使って Broker を実装しました。この Broker をサーバーで利用し、MQTTでメッセージを配送してみます。 その前に <-chan chan<- []byte という型が読みづらいので type を使って対応します。その後、読み書き可能なchanne…

MQTTサーバーを実装しながらGoを学ぶ - その9 channelとselect

前回はgoroutineを使って、複数クライアントと同時に接続できるようにしました。今回は、複数のgoroutine間をchannelをつないでメッセージやりとりし、Publishされたメッセージを別のSubscribeしているクライアントに配送します。channelの所有権やselectを…

MQTTサーバーを実装しながらGoを学ぶ - その8 goroutine, pprof

前回までで、クライアントがPUBLISH、またはSUBSCRIBEすることができるようになりました。次は、クライアントからPUBLISHされたメッセージを、SUBSCRIBEしている別のクライアントへ送る処理を実装していきます。が、その前にgoroutineを使ってサーバーが複数…